本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『阿片常用者の告白』ド・クインシー(岩波文庫)

『阿片常用者の告白』ド・クインシー、野島秀勝訳(岩波文庫)

未読

2007年
246頁




目次(収録作品)

第1部(読者へ/序の告白)
第2部(阿片の快楽/阿片の苦痛の序/阿片の苦痛)
『阿片常用者の告白』付録

英国ロマン派屈指の散文家による自伝文学。幼少期の悲哀、放浪の青春から阿片常用の宿命の道程を描く。阿片の魅惑と幻想の牢獄を透徹した知性と感性の言語によって再構築した本書は、ボードレールはじめ多くの詩人や作家たちの美意識を方向づけた。新訳。

出典:岩波書店 公式サイト


[関連]
『深き淵よりの嘆息―『阿片常用者の告白』続篇』ド・クインシー、野島秀勝訳(2007・岩波文庫)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする