本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ちくま文学の森2 心洗われる話』(全10巻)(ちくま文庫)

『ちくま文学の森』全16巻(15巻・別巻1)(単行本・筑摩書房)安野光雅・井上ひさし・森毅編、を文庫化したもの。(10巻分が文庫化されている。詳しくは上記リンクを参考にして下さい。)

『ちくま文学の森2 心洗われる話』(ちくま文庫)

2010年9月10日
528頁

少年の日 佐藤春夫
蜜柑 芥川龍之介
碁石を呑だ八っちゃん 有島武郎
ファーブルとデュルイ ルグロ(平野威馬雄訳)
最後の一葉 O・ヘンリー(大津栄一郎訳)
芝浜 桂三木助演
貧の意地 太宰治
聖水授与者 モーパッサン(河盛好蔵訳)
聖母の曲芸師 A・フランス(堀口大学訳)
盲目のジェロニモとその兄 シュニッツラー(山本有三訳)
獅子の皮 モーム(田中西二郎訳)
闇の絵巻 梶井基次郎
三つ星の頃 野尻抱影
島守 中勘助
母を恋うる記 谷崎潤一郎
二十六夜 宮沢賢治
洟をたらした神 吉野せい
たけくらべ 樋口一葉
瞼の母 長谷川伸
土佐源氏 宮本常一

*解説 花はさかりに月はくまなきをのみ見るものかは 安野光雅


『ちくま文学の森2 心洗われる話』
単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする