本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『陸と海―世界史的な考察』カール・シュミット(日経BPクラシックス)

『陸と海―世界史的な考察』カール・シュミット、中山元訳(日経BPクラシックス)

未読

2018年
284頁




目次(収録作品)

1 陸と海への一瞥
2 エレメントとは何か?
3 海と対立する陸
4 沿岸から大洋へ
5 鯨と捕鯨者を称えて
6 オールで漕ぐ船から帆船へ
7 海賊たちと<海の泡の子>たち
8 キリグルー夫人の物語
9 大洋におけるヨーロッパの遺産を受け継いだイギリス
10 空間革命とは?
11 世界史の三つの実例
12 初めて惑星的な空間革命
13 ヨーロッパによる新世界の土地の占領と取得
14 この土地占有者たちの間の闘い
15 宗教戦争における陸と海
16 イギリスによる海の占有、陸と海の分離
17 島の本質の転換
18 魚から機械へ
19 マハンの<大きな島>
20 惑星的な空間革命の新たな段階

海(リヴァイアサン)と陸(ビヒモス)の戦いとしての歴史を描いたシュミット地政学の傑作。
ヴェネチア共和国、オランダ、イギリス、米国――
海の国の系譜につらなる〈海洋国家〉日本の針路を考えるための必読書。

本書帯より


[関連]
『陸と海と―世界史的一考察』カール・シュミット、生松敬三・前野光弘訳(2006・慈学社出版)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする