本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ベイルートからエルサレムへ』トーマス・L・フリードマン(朝日新聞)

『ベイルートからエルサレムへ―NYタイムズ記者の中東報告』トーマス・L・フリードマン、鈴木敏・鈴木百合子訳(朝日新聞)

未読

1993年
693頁




目次(収録作品)

ミネアポリスからベイルートへ
ベイルート(食事は戦闘のあとで?/「薮の中」の町/ハマのルール/テフロン・ゲリラ/万華鏡のなかで-イスラエルのベイルート侵攻/ベイルート方式のポーカー/『神曲地獄編』ふう小麦粉ミックス/何かが終わった/去る時がきた)
エルサレム(横風/この国は、だれのものなのか/断層/地震/スポットライトの下で/イスラエルとユダヤ系米国人-夢をみているのはだれか/ベイルートからエルサレム、そしてワシントンへ)

本書は『ニューヨーク・タイムズ』特派員トーマス・フリードマンが、1979年から1988年までの10年間、ベイルート、エルサレムに赴任した体験を記録したルポルタージュ。

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする