本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『シンボリック相互作用論』ブルーマー(勁草書房)

『シンボリック相互作用論―パースペクティヴと方法』ハーバート・ブルーマー、後藤将之訳(勁草書房)

未読

1991年
329頁




目次(収録作品)

第1章 シンボリック相互作用論の方法論的位置
第2章 ジョージ・ハーバート・ミードの思想の社会学的意味
第3章 シンボリックな相互作用としての社会
第4章 態度と社会的行為
第5章 人間集団の心理学的意味
第6章 トーマスとズナニエツキ著『欧米におけるポーランド農民』の評価
第7章 社会学的分析と「変数」
第8章 社会理論のどこが間違っているか?
第9章 概念なき科学
第10章 社会心理学における概念の問題
第11章 マスメディア効果研究への提言
第12章 世論と世論調査
解説 ハーバート・ブルーマーの社会心理学

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする