本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『社会学の新しい方法規準[第二版]』アンソニー・ギデンズ(而立書房)

『社会学の新しい方法規準[第二版]―理解社会学の共感的批判』アンソニー・ギデンズ、 松尾精文・藤井達也・小幡正敏訳 (而立書房)

未読

2000年
328頁




目次(収録作品)

1 社会理論と社会哲学のいくつかの潮流(実存主義的現象学ーシュッツ/エスノメソドロジー ほか)
2 行為能力、行いの同定、コミュニケーション意図(行為能力の諸問題/意図と企て ほか)
3 社会生活の生産と再生産(秩序、権力、葛藤ーデュルケムとパーソンズ/秩序、権力、葛藤ーマルクス ほか)
4 説明的解明の形式(実証主義のディレンマ/その後の展開ーポパーとクーン ほか)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする