本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『イデオロギーとユートピア』マンハイム(中公クラシックス)

『イデオロギーとユートピア』マンハイム、高橋徹・徳永恂訳(中公クラシックス)

未読

2006年
464頁




目次(収録作品)

英語版序文ー問題の予備考察(思考の社会学的な見方/思考をめぐる今日的状況/近代における認識論的観点、心理学的観点、社会学的観点の始原/現代の問題としての集合的無意識の制御)

1 イデオロギーとユートピア(二つの研究の内的連関/概念についてあらかじめ説明をしておく必要性 ほか)
2 政治学は科学として成りたちうるか(なぜこれまで政治についての科学は存在しなかったのか/認識そのものが政治や社会によって拘束されているというテーゼの証明 ほか)
3 ユートピア的意識(基礎的な諸現象を解明する試みーユートピア、イデオロギー、および現実の問題/ユートピア的意識の形態変化と、近代の発展におけるその諸段階)

[関連]
『イデオロギーとユートピア』カルル・マンハイム、鈴木二郎訳(中公クラシックス)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする