本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『「若者の性」白書』(小学館)









『「若者の性」白書―第5回青少年の性行動全国調査報』日本性教育協会編(小学館)

2001年
207頁

『「若者の性」白書―第6回青少年の性行動全国調査報』日本性教育協会編(小学館)

2007年
223頁

『「若者の性」白書―第7回青少年の性行動全国調査報』日本性教育協会編(小学館)

2013年
255頁

青少年の性に関する意識や経験を検討・分析

全国規模で調査した、中学生・高校生・大学生の性に関する意識や経験を明らかにし、検討・分析したものをまとめたものです。調査報告は1974年からほぼ6年ごとに行われていますが、調査の年齢層の幅の広さで、高い評価を受けています。本書は調査結果だけでなく、社会調査や分析の専門家が調査データを分析し、青少年を取り巻く生活環境の変化に伴う性行動・性意識の変容を解明しています。青少年に関わる幅広い層の人たちにとっての必読書です。

出典:小学館 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする