本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ニッポン―ヨーロッパ人の眼で観た』ブルーノ・タウト(春秋社)

『ニッポン―ヨーロッパ人の眼で観た』ブルーノ・タウト、篠田英雄訳(春秋社)

未読

新版2008年
182頁




目次(収録作品)

敦賀
伊勢神宮
桂離宮
天皇と将軍
生ける伝統
ニューヨーク行か
否―桂離宮を経よ!

1933年に来日して、「泣きたくなるほどの美しさである」と桂離宮を激賞、変貌著しい都市文化をも透徹した視点で観察した不朽の名著。交流のあった訳者による小伝を付す。

出典:春秋社 公式サイト

[関連]
『ニッポン―ヨーロッパ人の眼で観た』ブルーノ・タウト、森㑺郎訳(1991・講談社学術文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする