本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『大衆教育社会のゆくえ』苅谷剛彦(中公新書)

『大衆教育社会のゆくえ―学歴主義と平等神話の戦後史』苅谷剛彦(中公新書)

未読

1995年
240頁




目次(収録作品)

第1章 大衆教育社会のどこが問題か
第2章 消えた階層問題
第3章「階層と教育」問題の底流
第4章 大衆教育社会と学歴主義
第5章「能力主義的差別教育」のパラドクス
終章 大衆教育社会のゆらぎ

高い学歴を求める風潮と、それを可能にした豊かさに支えられ、戦後日本の教育は飛躍的な拡大をとげた。一方で、受験競争や学歴信仰への批判も根強くあるが、成績による序列化を忌避し、それこそが教育をゆがめる元凶だとして嫌う心情は、他国においてはユニークであるとみなされている。本書は、このような日本の教育の捉え方が生まれた経緯を探り、欧米との比較もまじえ、教育が社会の形成にどのような影響を与えたかを分析する。

出典:中央公論新社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする