本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー(日経BPクラシックス)

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー、中山元訳(日経BPクラシックス)

未読

2010年
531頁




目次(収録作品)

第1章 問題提起(信仰と社会的な層の分化/資本主義の「精神」/ルターの天職の観念ー研究の課題)
第2章 禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理(世俗内的な禁欲の宗教的な基礎/禁欲と資本主義の精神)

[関連]
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』マックス・ウェーバー、大塚久雄訳(改版1989・岩波文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする