本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ちくま文学の森1 美しい恋の物語』(全10巻)(ちくま文庫)

『ちくま文学の森』全16巻(15巻・別巻1)(単行本・筑摩書房)安野光雅・井上ひさし・森毅編、を文庫化したもの。(10巻分が文庫化されている。詳しくは上記リンクを参考にして下さい。)

『ちくま文学の森1 美しい恋の物語』(ちくま文庫)
安野光雅・池内紀・井上ひさし・森毅編

未読

2010年9月10日
536頁

初恋 島崎藤村
燃ゆる頬 堀辰雄
初恋 尾崎翠
柳の木の下で アンデルセン(大畑末吉訳)
ラテン語学校生 ヘッセ(高橋健二訳)
隣の嫁 伊藤左千夫
未亡人 モーパッサン(青柳瑞穂訳)
エミリーの薔薇 フォークナー(龍口直太郎訳)
ポルトガル文 リルケ訳(水野忠敏訳)
肖像画 A・ハックスリー(太田稔訳)
藤十郎の恋 菊池寛
ほれぐすり スタンダール(桑原武夫訳)
ことづけ バルザック(水野亮訳)
なよたけ 加藤道夫

*解説 ホテル・ヴェリエール 安野光雅

『ちくま文学の森1 美しい恋の物語』
単行本[amazon]

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange