本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』37風(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 37 風』桂米朝編(1985年11月)
260頁

安東次男  あい風
安東次男  夏の風
飯田蛇笏  秋風
飯田龍太  山風霊気
池田彌三郎 風
伊藤信吉  風々吹くな西の山が燃えるぞ
伊藤整   冬の風景
岩本素白  こがらし-南駅余情-
上田三四二 二つの風花
内田百閒  すきま風
大谷東平  TYPHOONの語源
大谷東平  風炎の名づけ親
岡田喜秋  風
岡本かの子 風と裾-何人か良案はないか?-
荻原井泉水 そよりと動く
尾崎一雄  大風の日
尾崎方哉  風
長田弘   風は物語る
加藤郁乎  春の風
神山恵三  月づきの風光(抄)
河井酔茗  風
倉島厚   夏の東風
倉島厚   追い風用意
倉島厚   辻風
倉島厚   東風・西風
倉島厚   舞台風
倉島厚   風選
倉島厚   風伯雨師
小林勇   嵐
小林勇   立秋
小林勇   颱風のあと
篠田桃紅  扇、うちわ
関口武   ギリシア神話の風の神様
関口武   秋の詩
関口武   日本の風の神様
高野素十  あきかぜ
竹西寛子  松風
竹西寛子  野分
立原正秋  風の裂け目に
徳冨蘆花  風
徳冨蘆花  凩
徳冨蘆花  凩の後
豊島與志雄 初秋海浜記
永井龍男  風車
新美南吉  秋風之賦 [巻頭詩] 根本順吉  クレタの風車
根本順吉  夏の風
根本順吉  都会の風
根本順吉  風が見える
根本順吉  風見鶏
根本順吉  風上・風下
根本順吉  偏西風
野上彌生子 南風(抄)
堀口大學  おそ夏はや秋
堀口大學  初の秋風
前田夕暮  風に吹かれる木の葉
前田夕暮  風を喜ぶ
前田夕暮  風波の日
前田夕暮  木枯
正岡子規  すゞし
三浦哲郎  夜汽車の汽笛
水原秋櫻子 風の話
皆吉爽雨  秋風ぞ吹く
村松友視  角をまがると風が変る
山口誓子  海浪
山之口貘  暴風への郷愁
山本健吉  薫風
山本健吉  虎落笛(もがりぶえ)
山本健吉  春一番
山本健吉  東風
横光利一  無常の風
吉江狐雁  風の日
吉江狐雁  暴風雨
若山牧水  秋風の音

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange