本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

収録作品一覧『日本の名随筆』33水(作品社)

『日本の名随筆』(全100巻、別巻全100巻)(作品社)
B6判・函入り

明治以降の各界著名人による随筆を巻ごとにテーマを設けて編集した随筆集のシリーズ。

『日本の名随筆 33 水』井上靖編

1985年7月
256頁

秋吉茂   霧ばえの日々
芥川龍之介 大川の水
池田彌三郎 越中の水・富山の水
石原吉郎  海への思想
井上靖   アム・ダリヤの水溜り
井上靖   運河 [巻頭詩] 上田哲農  徒渉
小川国夫  泉伝説
開高健   水を飲むのは安全か?
鏑木清方  雨声
国木田獨歩 武蔵野
幸田露伴  水
齋藤茂吉  支流
島崎藤村  中棚(なかだな)
寿岳文章  川
白洲正子  瀧に想う
新村出   鴨川を愛して
薄田泣菫  雨の日に香を燻く
高濱虚子  古江
辻邦生   地中海幻想
寺田寅彦  茶わんの湯
徳冨蘆花  水汲み
永井荷風  水 附渡船
中野重治  日本海の美しさ
中谷宇吉郎 アラスカの氷河
夏目漱石  霧
野上彌生子 諏訪渡り
葉山嘉樹  井戸の底に埃の溜つた話
東山魁夷  川のほとりにて
古井由吉  水への畏れ
堀辰雄   噴水のほとりで-
水上勉   水の幻想-熊野曼荼羅私考-
水原秋櫻子 霧降滝
三宅泰雄  海のあわ
宮本百合子 雨と子供
室生犀星  名園の落水
吉田一穂  山雨朝市
若山牧水  渓をおもふ
渡辺修三  川のほとり

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange