本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『文明としての江戸システム 日本の歴史19』鬼頭宏(講談社学術文庫)

『文明としての江戸システム 日本の歴史19』鬼頭宏(講談社学術文庫)

未読

2010年
352頁




目次(収録作品)

第1章 日本文明史における近世
第2章 江戸時代の村に生きた人々
第3章 人口にみる江戸システム
第4章 人間を取り巻く環境
第5章 産業発展と生活革命
第6章 生活を支えた経済システム
第7章 生活としての徳川文明
エピローグ 徳川文明の成熟

緑の列島の持続的成長モデル
豊かな自然に依存した徳川文明は、国際的には〈近代世界システム〉と〈冊封体制〉に対抗して〈日本型華夷秩序〉を形成し、国内では幕藩体制のもと、各領国が拡大する市場経済により統合されていた。
発達した貨幣制度、独自の〈物産複合〉、プロト工業化による地方の発展、人口抑制――環境調和的な近世日本のあり方に、成熟した脱近代社会へのヒントを探る。

出典:講談社BOOK俱楽部

[関連]
『文明としての江戸システム 日本の歴史19』鬼頭宏(2002・講談社)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする