本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『成熟する江戸 日本の歴史17』吉田伸之(講談社学術文庫)

『成熟する江戸 日本の歴史17』吉田伸之(講談社)

未読

2009年
408頁




目次(収録作品)

第1章 十八世紀、通史から全体史へ(通史と全体史/十八世紀の政治過程/秩序構造ー支配身分/秩序構造ー民間社会/『熙代勝覧』の世界)
第2章 社会的権力ー豪商と町(「社会的権力」とは何か/超大店・三井越後屋/町と大店ー京都冷泉町)
第3章 身分的周縁ー勧進と芸能(近世社会を構成する「身分的周縁」/願人坊主ー僧侶か乞食か/乞胸ー特異な芸能者集団)
第4章 市場に集う人々(商人と市場社会/青物市場と薩摩芋/魚市場内部を探る)
第5章 江戸の小宇宙(広場と境内/八世紀社会の達成と歴史の「最深宇宙像」)

路地裏の細密画が語る「小さな」歴史
十八世紀、社会的成熟をとげた「江戸」。それは豪商などが君臨する上層から貧しい乞食=勧進層や芸能者が身分的周縁を形作った最下層まで、様々な階層が溶け合う小宇宙たる大都市だった。
そのさまを現代に伝える絢爛絵巻の内実とは何か。また、人々の営みやネットワークとはどのようなものか。前近代の達成である成熟の諸相をミクロの視点から描き出す。

出典:講談社BOOK俱楽部

[関連]
『成熟する江戸 日本の歴史17』吉田伸之(2002・講談社)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする