本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『研究不正―科学者の捏造、改竄、盗用』黒木登志夫(中公新書)

『研究不正―科学者の捏造、改竄、盗用』黒木登志夫(中公新書)

未読

2016年
302頁




目次(収録作品)

第1章 誠実で責任ある研究
第2章 21の事例
第3章 重大な研究不正
第4章 不適切な研究行為
第5章 なぜ、不正をするのか
第6章 研究不正を監視する
第7章 不正の結末
第8章 研究不正をなくすために

科学のすぐれた成果を照らす光は、時として「研究不正」という暗い影を生み落とす。研究費ほしさに、名誉欲にとりつかれ、短期的な成果を求める社会の圧力に屈し……科学者たちが不正に手を染めた背景には、様々なドラマが隠されている。研究不正はなぜ起こり、彼らはいかなる結末を迎えたか。本書は欧米や日本、中韓などを揺るがした不正事例を豊富にとりあげながら、科学のあるべき未来を具体的に提言する。

出典:中央公論新社 公式サイト

研究不正 – 科学者の捏造、改竄、盗用 (中公新書)

amazon  楽天ブックス


スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする