本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『批評理論入門』廣野由美子(中公新書)

『批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義』廣野由美子(広野由美子)(中公新書)

未読

2005年
258頁




目次(収録作品)

1 小説技法篇(冒頭/ストーリーとプロット/語り手/焦点化 ほか)
2 批評理論篇(伝統的批評/ジャンル批評/読者反応批評/脱構築批評 ほか)

批評理論についての書物は数多くあるが、読み方の実例をとおして、小説とは何かという問題に迫ったものは少ない。本書ではまず、「小説技法篇」で、小説はいかなるテクニックを使って書かれるのかを明示する。続いて「批評理論篇」では、有力な作品分析の方法論を平易に解説した。技法と理論の双方に通じることによって、作品理解はさらに深まるだろう。多様な問題を含んだ小説『フランケンシュタイン』に議論を絞った。

出典:中央公論新社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする