本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『空気の検閲―大日本帝国の表現規制』辻田真佐憲(光文社新書)

『空気の検閲―大日本帝国の表現規制』辻田真佐憲(光文社新書)

未読

2018年
312頁




目次(収録作品)

第1部 検閲の動揺(エロ・グロ・ナンセンス対検閲官ー一九二八~一九三一年/世間と共振する検閲ー一九三二~一九三六年 ほか)
第2部 広がる検閲網(植民地の独立運動を抑圧せよー台湾、朝鮮/聴く検閲、観る検閲ー脚本、映画、放送、レコード)
第3部 戦争と検閲(日中戦争と忖度の活用ー一九三七~一九四一年/太平洋戦争と軍部の介入ー一九四一~一九四五年)

ブラック労働的なその現場、エロ本評論家と化す検閲官、検閲官とマスコミの驚くべき一体ぶり、植民地における検閲の実情、検閲の対象となるメディアの広がり、官僚的セクショナリズムによる検閲の暴走、法外の手段を用いた非正規の検閲と、忖度による自主規制、世間との共振……。
1928年~1945年のエロ・グロ・ナンセンスから日中戦争・太平洋戦争時代まで、大日本帝国期の資料を丹念に追いながら、一言では言い尽くすことのできない、摩訶不思議な検閲の世界に迫っていく。

出典:光文社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする