本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『芸術起業論』村上隆(幻冬舎文庫)

『芸術起業論』村上隆(幻冬舎文庫)

未読

2018年
230頁




目次(収録作品)

第1章 芸術で起業するということ(芸術には、世界基準の戦略が必要である/なぜ私の作品は一億円で売れたか ほか)
第2章 芸術には開国が必要である(芸術家は、技術より発想に力を注ぐべき/世界で評価されない作品は、意味がない ほか)
第3章 芸術の価値を生みだす訓練(六八〇〇万円の源は「門前払い」だった/評価されていない作品ほど大化けする ほか)
第4章 才能を限界まで引きだす方法(作品が歴史に残るかどうかが問題である/徹夜なんて、努力のうちに入りません ほか)

本書は、『芸術起業論』村上隆(2006・幻冬舎)の文庫版。

[関連]
『芸術起業論』村上隆(2006・幻冬舎)
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする