本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『日本の漫画本300年』清水勲・猪俣紀子(ミネルヴァ書房)

『日本の漫画本300年―「鳥羽絵」本からコミック本まで』清水勲・猪俣紀子(ミネルヴァ書房)

未読

2018年
384頁




目次(収録作品)

第1章 江戸期――「鳥羽絵」本からの150年
第2章 明治期――暁斎本からカートゥーン本へ
第3章 大正期――一平本から4コマ本へ
第4章 昭和戦前期――講談社本から中村書店本へ
第5章 昭和20年代――横井・手塚本と赤本漫画
第6章 昭和戦後期――劇画本からコミック本へ
第7章 平成期――ストーリー漫画本の多様化

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする