本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ポオ評論集』(岩波文庫)

『ポオ評論集』エドガー・アラン・ポー、八木敏雄訳(岩波文庫)

未読

2009年
323頁




目次(収録作品)

某氏への手紙
ディケンズの『骨董屋、その他の物語』
『ヘリコン山のざわめき』
書評欄への年頭の辞
ロングフェローの『バラッド』
ホーソーンの『トワイス・トールド・テールズ』
フェニモア・クーパーの『ワイアンドット』
詩作の哲学
詩の原理

短篇小説の名手、詩人としても知られるポオ(1809‐49)だが、彼は理論家・批評家としての顔も持っていた。その明確な方法意識を示す「詩作の哲学」「詩の原理」等の著名な詩論、クーパー、ホーソーン、ロングフェロー、ディケンズ等を論じた同時代評を収録。ポオならではの筆法で書かれた9篇から成るアンソロジー。

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする