本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『セビーリャの色事師と石の招客 他一篇』ティルソ・デ・モリーナ(岩波文庫)

『セビーリャの色事師と石の招客 他一篇』ティルソ・デ・モリーナ、佐竹謙一訳(岩波文庫)

未読

2014年
368頁




目次(収録作品)

セビーリャの色事師と石の招客
緑色のズボンをはいたドン・ヒル

17世紀のスペインに生まれ、漁色放蕩の典型的人物として世界文学に籍を得た「ドン・フアン」は、モリエール、モーツァルト、バイロンなど、多くの芸術家によって変奏されてきた。表題作はその原典で、スペイン黄金世紀の劇作家による、ドン・フアンをモチーフにした世界最初の作品。「緑色のズボンをはいたドン・ヒル」を併収。

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする