本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇』ヨーゼフ・ロート(岩波文庫)

『聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇』ヨーゼフ・ロート、池内紀訳(岩波文庫)

未読

2013年
480頁




目次(収録作品)

蜘蛛の巣
四月、ある愛の物語
ファルメライヤー駅長
皇帝の胸像
聖なる酔っぱらいの伝説

ある春の宵、セーヌの橋の下で、見知らぬ紳士が飲んだくれの宿なしに二百フランを恵む――人生の喪失は、かくも軽やかに美しく語られる。ヨーロッパ辺境に生まれ、パリに客死した放浪のユダヤ人作家ロート(1894―1939)が遺した、とっておきの大人の寓話。他に、ナチス台頭前夜をリアルに描いた「蜘蛛の巣」など四篇を収録。

出典:岩波書店 公式サイト

[参考]
「聖なる酔っぱらいの伝説」[DVD]
amazon

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする