本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『人類の星の時間』ツヴァイク(みすずライブラリー)

『人類の星の時間』シュテファン・ツヴァイク、片山敏彦訳(みすずライブラリー)

1996年
387頁




目次

  1. 不滅の中への逃亡――太平洋の発見 1513年9月25日
  2. ビザンチンの都を奪い取る――1453年5月29日
  3. ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデルの復活――1741年8月21日
  4. 一と晩だけの天才――ラ・マルセイエーズの作曲 1792年4月25日
  5. ウォーターローの世界的瞬間――1815年6月18日のナポレオン
  6. マリーエンバートの悲歌――カルルスバートからヴァイマルへの途中のゲーテ 1823年9月5日
  7. エルドラード(黄金郷)の発見――J・A・ズーター、カリフォルニア 1848年1月
  8. 壮烈な瞬間――ドストエフスキー、ペテルスブルグ、セメノフ広場 1849年12月22日
  9. 大洋をわたった最初のことば――サイラス・W・フィールド 1858年7月28日
  10. 神への逃走――1910年10月の末、レオ・トルストイの未完成の戯曲『光闇を照らす』への一つのエピローグ(終曲)
  11. 南極探検の闘い――スコット大佐、90緯度 1912年1月16日
  12. 封印列車――レーニン 1917年4月9日

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange