本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『カルメン』メリメ(岩波文庫)

『カルメン』メリメ、杉捷夫訳(岩波文庫)

未読

改版1960
108頁



スペインを旅行中の考古学者は、ふとしたことから今は獄中にいる山賊ホセを知る。彼は形見の品を母親に渡してくれと頼んだのち、懺悔話を始めた。それは、純情な青年が情熱の女カルメンに翻弄され、闘牛士や彼女の情夫、果ては彼女まで殺してしまった悲しい話だった。歌劇とはまた異なる沈痛な激情に貫ぬかれたメリメの最高傑作。

本書表紙より

[関連]
『カルメン』メリメ(新潮文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする