本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『万葉集 全訳注原文付』中西進(講談社文庫)








『万葉集 全訳注原文付』中西進(講談社文庫)全4巻+別巻1

『万葉集 全訳注原文付(一)』中西進(講談社文庫)

1978年
425頁

巻一~巻五(1~906)

『万葉集 全訳注原文付(二)』中西進(講談社文庫)

1980年
405頁

巻六~巻十(907~2350)

『万葉集 全訳注原文付(三)』中西進(講談社文庫)

1981年
345頁

巻十一~巻十五(2351~3785)

『万葉集 全訳注原文付(四)』中西進(講談社文庫)

1983年
368頁

巻十一~巻十(3786~4516)

『万葉集事典 万葉集 全訳注原文付 別巻』中西進(講談社文庫)

1985年
586頁

『万葉集事典』
見やすいように表覧形式に徹し、人名・地名解説、動物植物一覧、諸本解説・形成伝来図、年表、研究史年表、万葉仮名一覧、東西の市、議政官一覧、系図、初句索引などのほかに豊富な地図をおさめた。

出典:講談社BOOK俱楽部


本書は、万葉集の歌すべてを訓み下し文に改め、口語訳(現代語訳)し、原文も添え、語注を付したものである。
全訳され原文も収められているものは、筆者の知る限りこれしかない。
辞書的に使うなら安価であるしとてもよい本だが、文字が小さく非常に見づらいのが大きな欠点である。視力のよい人でもハズキルーペ[amazon]でも使わないと支障なく読めないだろう。
kindle版もあるが、そちらも文字サイズの点で評判が悪い。
また、アマゾンの説明に「文字だけを拡大すること、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能」は使用できないとある。

[参考]
『萬葉集釋注1 巻第一・巻第二』伊藤博(集英社文庫)

『新版 万葉集 現代語訳付き』伊藤博(角川ソフィア文庫)

『万葉の秀歌』中西進(2012・ちくま学芸文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする