本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『長沙作戦』佐々木春隆(光人社NF文庫)

『長沙作戦―緒戦の栄光に隠された敗北』佐々木春隆(光人社NF文庫)

未読

2007年
315頁




目次

第1章 陸軍士官学校(瓢箪から出た駒/生まれつきの歩兵 ほか)
第2章 初陣(タマの洗礼/陳家橋の緒戦 ほか)
第3章 第一次長沙作戦(作戦の発想/作戦目的 ほか)
第4章 第二次長沙作戦(嫌な予感/香港攻略戦 ほか)
第5章 作戦回顧(作戦の結果/関係首脳の回顧 ほか)

昭和16年12月、太平洋戦争開戦とともに香港要塞攻略のため、中国大陸における陽動作戦として長沙作戦が発動された。軍司令官による計画なき無謀ともいえる進行作戦によって、補給のない日本軍は弾薬・食糧が尽きた。中国軍を侮り、死傷者が続出、ついに反転退却に至った長沙作戦の実情を若き将校が描く。

出典:潮書房光人新社 公式サイト


[関連]
『華中作戦―最前線下級指揮官の見た泥沼の中国戦線』佐々木春隆(2007・光人社NF文庫)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする