本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『久生十蘭短篇選』久生十蘭(岩波文庫)

久生十蘭短篇選』久生十蘭(岩波文庫)

2009年
424頁




目次(収録作品)

黄泉から
予言
鶴鍋
無月物語
黒い手帳
泡沫の記
白雪姫
蝶の絵
雪間
春の山
猪鹿蝶
ユモレスク
母子像
復活祭
春雪

解説 川崎賢子

現役の作家のなかにも熱狂的なファンの少なくない、鬼才、久生十蘭の精粋を、おもに戦後に発表された短篇から厳選。世界短篇小説コンクールで第一席を獲得した「母子像」、幻想性豊かな「黄泉から」、戦争の記憶が鮮明な「蝶の絵」「復活祭」など、巧緻な構成と密度の高さが鮮烈な印象を残す全15篇。

本書表紙より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする