本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『宮沢賢治の青春』菅原千恵子(JICC出版局)

『宮沢賢治の青春―“ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』菅原千恵子(JICC出版局)

未読

1994年
270頁




目次(収録作品)

第1章 賢治と保阪嘉内の出会い
第2章 友愛のステージ『アザリア』
第3章 激しく揺れた手紙の青春
第4章 訣別のあとで
第5章 『春と修羅』の中に生きる保阪嘉内
第6章 教師から農民へ
第7章 晩年
第8章 『銀河鉄道の夜』は誰のために書かれたのか

[関連]
『宮沢賢治の青春―“ただ一人の友”保阪嘉内をめぐって』菅原千恵子(1997・角川文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする