本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『銀河鉄道の夜 他十四篇』宮沢賢治(岩波文庫)

『銀河鉄道の夜 他十四篇』宮沢賢治、谷川徹三編(岩波文庫)

改版1951年
334頁




目次(収録作品)

北守将軍と三人兄弟の医者
オッペルと象
どんぐりと山猫
蜘蛛となめくじと狸
ツェねずみ
クねずみ
鳥箱先生とフウねずみ
注文の多い料理店
からすの北斗七星
雁の童子
二十六夜
竜と詩人
飢餓陣営
ビジテリアン大祭
銀河鉄道の夜

[関連]
『新編 銀河鉄道の夜』宮沢賢治(改版1989・新潮文庫)

『銀河鉄道の夜』宮沢賢治(改版1969・角川文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする