本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ご冗談でしょう、ファインマンさん』上(岩波現代文庫)

『ご冗談でしょう、ファインマンさん』上 リチャード・フィリップス・ファインマン、大貫昌子訳(岩波現代文庫)

未読

2000年
343頁


目次

1 ふるさとファー・ロッカウェイからMITまで
考えるだけでラジオを直す少年
いんげん豆
ドア泥棒は誰だ?
ラテン語? イタリア語?
逃げの名人
メタプラスト社化学研究主任

2 プリンストン時代
「ファインマンさん、ご冗談でしょう!」
僕、僕、僕にやらせてくれ!
ネコの地図?
モンスター・マインド
ペンキを混ぜる
毛色の違った道具
読心術師
アマチュア・サイエンティスト

3 ファインマンと原爆と軍隊
消えてしまう信管
猟犬になりすます
下から見たロスアラモス
二人の金庫破り
国家は君を必要とせず!

4 コーネルからキャルテクへ ブラジルの香りをこめて
お偉いプロフェッサー
エニ・クウェスチョンズ?
一ドルよこせ
ただ聞くだけ?

[関連]
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』下(岩波現代文庫)
ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉[amazon]

『困ります、ファインマンさん』(岩波現代文庫)
困ります、ファインマンさん[amazon]

[参考]
『聞かせてよ、ファインマンさん』(岩波現代文庫)
聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange