本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『風と光と二十の私と』坂口安吾(講談社学術文庫)

『風と光と二十の私と』坂口安吾(講談社学術文庫)

1988年
452頁




目次(収録作品)

女占師の前にて
おみな
孤独閑談
古都
二十一
いずこへ
魔の退屈
石の思い
風と光と二十の私と
私は海を抱きしめていたい
わがだらしなき戦記
二十七歳
わが戦争に対処せる工夫の数々
暗い青春
三十歳
死と影
釣り師の心境
わが精神の周囲
小さな山羊の記録

[関連]
『風と光と二十の私と・いずこへ 他十六篇』坂口安吾(岩波文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする