本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『斜陽 他一篇』太宰治(岩波文庫)

『斜陽 他一篇』太宰治(岩波文庫)

1988年
205頁




目次(収録作品)

斜陽
おさん

敗戦直後の没落貴族の家庭にあって、恋と革命に生きようとする娘かず子、「最後の貴婦人」の気品をたもつ母、破滅にむかって突き進む弟直治。滅びゆくものの哀しくも美しい姿を描いた『斜陽』は、昭和22年発表されるや爆発的人気を呼び、「斜陽族」という言葉さえ生み出した。同時期の短篇『おさん』を併収。(解説=阿部昭)

本書表紙より

[関連]
『太宰治全集9』太宰治(1989・ちくま文庫)

『斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇』太宰治(2000・文春文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする