本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『化鳥・三尺角 他六篇』泉鏡花(岩波文庫)

『化鳥・三尺角 他六篇』泉鏡花(岩波文庫)

2013年
336頁




目次(収録作品)

化鳥
清心庵
三尺角
木精〈三尺角拾遺〉
朱日記
第二菎蒻本
革鞄の怪
茸の舞姫

「犬も猫も人間もおんなじだって.……いまに皆分るんだね」(「化鳥」).思いや痛みが境界を溶かし,草木鳥獣,死者と人とが結びあう――鮮やかに目の前の世界を読み換える鏡花の物語たち.
表題作の他「清心庵」「木霊」「朱日記」「第二菎蒻本」「皮鞄の怪」「茸の舞姫」を収録,詳細な注を付す.(注・解説=松村友視)

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange