本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『鏡花短篇集』泉鏡花(岩波文庫)

『鏡花短篇集』泉鏡花、川村二郎編(岩波文庫)

1987年
267頁




目次(収録作品)

竜潭譚
薬草取
二、三羽―十二、三羽
雛がたり
七宝の柱
若菜のうち
栃の実
貝の穴に河童のいる事
国貞えがく

現実界を超え、非在と実在が交錯しあう幻視の空間を現出させる鏡花の文学。その文章にひそむ魔力は、短篇においてこそ、凝集したきらめきを放ってあざやかに顕現する。そうした作品群から、定評ある『竜潭譚』『国貞えがく』をはじめ、絶品というべき『二、三羽―十二、三羽』など9篇を選び収める。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする