本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『学問のすゝめ』福沢諭吉(岩波文庫)

『学問のすゝめ』(学問のすすめ)福沢諭吉(岩波文庫)

未読

改版1978年
206頁



「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」。著名なこの一文で始まる本書は、近代日本最大の啓蒙家である福沢諭吉(1835‐1901)が、生来平等な人間に差異をもたらす学問の意義を、平易な文章で説いた17の小篇からなる。西洋実学の批判的摂取をすすめ、明治の人心を啓発したその言は、今日も清新である。(解説=小泉信三)

本書表紙より

[関連]
『学問のすゝめ』福沢諭吉、伊藤正雄校注(2006・講談社学術文庫)

『現代語訳 学問のすすめ』伊藤正雄(2013・岩波現代文庫)

『現代語訳 学問のすすめ』福澤諭吉、斎藤孝訳(2009・ちくま新書)

『NHK「100分de名著」ブックス 福沢諭吉 学問のすゝめ』斎藤孝(2012・NHK出版)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする