本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『文明の衝突』ハンチントン(集英社文庫)

『文明の衝突』(上下)サミュエル・ハンチントン、鈴木主税訳(集英社文庫)







上巻

2017年
320頁

目次

第1部 さまざまな文明からなる世界(世界政治の新時代/歴史上の文明と今日の文明/普遍的な文明?近代化と西欧化)
第2部 文明間のバランスのシフト(西欧の落日:力、文化、地域主義/経済、人口動態、そして挑戦する文明圏)
第3部 文明の秩序の出現(文化による世界政治の構造変化/中核国家と同心円と文明の秩序)

下巻

2017年
288頁

第4部 文明の衝突(西欧とその他の国々:異文化間の問題点/諸文明のグローバル・ポリティックス/転機となる戦争から断層線の戦争まで/フォルト・ライン戦争の原動力)
第5部 文明の未来(西欧とさまざまな文明と単数形の文明)

[関連]
『文明の衝突』サミュエル・ハンチントン、鈴木主税訳(1998・集英社)単行本

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする