本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『神国日本』ラフカディオ・ハーン(東洋文庫)

『神国日本』ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)、柏倉俊三訳注(平凡社・東洋文庫)

1976年
466頁



ハーンは,その生涯の最後の十数年を日本の紹介に捧げた。本書は,先祖崇拝や家族制度,仏教や儒教,キリスト教の伝来,武家の興隆,神道の復活など,この国の精神世界の展開を独特の進化論と輪廻説をもとに熱っぽく論じる。彼の日本研究の集大成。

出典:平凡社 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする