本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『心』小泉八雲(河出書房新社)

『心―日本の内面生活がこだまする暗示的諸編』(個人完訳 小泉八雲コレクション)小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)、平川祐弘訳(河出書房新社)

未読

2016年
241頁




目次(収録作品)

停車場にて
日本文明の真髄
門づけ
旅日記から
阿弥陀寺の比丘尼
戦後に

趨勢一瞥
業の力
ある保守主義者
神々の黄昏
前世の観念
コレラの流行期に
祖先崇拝についての若干の考察

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする