本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『羅生門・蜘蛛の糸・杜子春 外十八篇』芥川龍之介(文春文庫)

『羅生門・蜘蛛の糸・杜子春 外十八篇』芥川龍之介(文春文庫)

1997年
484頁




目次(収録作品)

羅生門

芋粥
或日の大石内蔵助
蜘蛛の糸
地獄変
枯野抄
奉教人の死
杜子春

舞踏会
南京の基督
薮の中
トロッコ

六の宮の姫君
一塊の土
玄鶴山房
点鬼簿
河童
歯車

[関連]
『蜘蛛の糸・杜子春・トロッコ 他十七篇』芥川竜之介(岩波文庫)

『蜘蛛の糸・杜子春』芥川龍之介(新潮文庫)

芥川龍之介 名作ベストセレクション「羅生門」「鼻」「芋粥」など30作品 Kindle版
(Kindle Unlimited0円)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする