本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『変身綺譚集成 谷崎潤一郎怪異小品集』(平凡社ライブラリー)

『変身綺譚集成 谷崎潤一郎怪異小品集』谷崎潤一郎、東雅夫編(平凡社ライブラリー)

未読

2018年
372頁




目次(収録作品)

人間が猿になった話
紀伊国狐憑漆搔語
白狐の湯
感銘をうけた作品
方今文壇の大先達
漱石先生/十千萬堂主人
純粋に「日本的」な「鏡花世界」
泉先生と私 覚海上人天狗になる事
天狗の骨
魚の李太白
鶴唳
支那趣味と云うこと
人面疽
映画雑感
春寒
Dream Tales
感覚的な「悪」の行為
魔術師
浅草公園
アッシャア家の覆滅
クラリモンド
芥川君と私
いたましき人
佐藤春夫と芥川龍之介
佐藤春夫『病める薔薇』序

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする