本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『寺田寅彦セレクション2』(講談社文芸文庫)

『寺田寅彦セレクション2』寺田寅彦(吉村冬彦)、千葉俊二・細川光洋 選(講談社文芸文庫)

未読

2016年
352頁




目次(収録作品)

『柿の種』自序 無題〈抄〉 曙町より〈抄〉
『物質と言葉』自序 日常身辺の物理的諸問題 学問の自由 科学者とあたま
『蒸発皿』自序 烏瓜の花と蛾 重兵衛さんの一家 藤の実 銀座アルプス 珈琲哲学序説 空想日録〈抄〉 津浪と人間 蒸発皿〈抄〉 涼味数題 夏目漱石先生の追憶
『触媒』自序 科学に志す人へ 庭の追憶 鳶と油揚 思出草
『蛍光版』自序 天災と国防 物売りの声 自由画稿〈抄〉 災難雑考 糸車 小爆発二件 三斜晶系〈抄〉 茶碗の湯 日本人の自然観

[関連]
『寺田寅彦随筆集』(岩波文庫)

『柿の種』寺田寅彦(1996・岩波文庫)
amazon楽天ブックス

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする