本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『寺田寅彦セレクション1』(講談社文芸文庫)

『寺田寅彦セレクション1』寺田寅彦(吉村冬彦)、千葉俊二・細川光洋 選(講談社文芸文庫)

未読

2016年
352頁




目次(収録作品)

『冬彦集』自序 病院の夜明けの物音 自画像 小さな出来事〈抄〉 厄年とetc 浅草紙 春六題 鼠と猫 案内者 蓄音機
『藪柑子集』自序 団栗 竜舌蘭 まじょりか皿 花物語 ヴェニスから ゲッチンゲンから パリから. 1
『万華鏡』自序 科学者と芸術家 電車の混雑について 化物の進化
『続冬彦集』自序 秋の歌 子猫 石油ランプ 流言蜚語 備忘録〈抄〉 読書の今昔 「手首」の問題

[関連]
『寺田寅彦随筆集』(岩波文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする