本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『ブルクハルト文化史講演集』(筑摩書房)

『ブルクハルト文化史講演集』ヤーコプ・ブルクハルト、新井靖一訳(筑摩書房)

未読

2000年
446頁




目次(収録作品)

後期ギリシア人の料理法について
ギリシア人の学術的功績について―大学記念祭における講演
古代人の奉納品
ピュタゴラス(真実と創作)
古代の祝祭行列について
攻城者デメトリオス
アルマニャック派傭兵遠征時代(一四四四年)におけるフランスの状況について―教授資格取得講義
グレゴリウス一世(大教皇)統治下のローマの状態
シラー生誕百年記念講演
ホメロスの「パイアケス人の国」
ネーデルラントの風俗画について
レンブラント
美術コレクションについて
物語画について
近代肖像画の始まり
絵画と新約聖書
アンソニー・ヴァン・ダイク
芸術作品におけるアレゴリー

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする