本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『野上弥生子随筆集』竹西寛子編(岩波文庫)

『野上弥生子随筆集』野上弥生子、竹西寛子編(岩波文庫)

未読

1995年
340頁


目次(収録作品)

お守の記
私信
野枝さんのこと
ふるさと
二つの皷
入学試験お伴の記
或る批評に答えて
鳴る浅間山の麓から
やまびとのたより
夏目先生の思い出
寺田さんのこと
世阿弥の言葉
ローマへ旅立つ息子に
その頃の思い出
政治への開眼
山荘より
トルーマン大統領への公開状
私の信条
ヒロシマに就いて
桜間弓川さんのこと
三つの「哀傷」
ベトナムの戦火に想う
巣箱
窓とおんぼろ楽器
バウム・クーヘンの話

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする