本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『棋士という人生―傑作将棋アンソロジー』(新潮文庫)

『棋士という人生―傑作将棋アンソロジー』大崎善生編(新潮文庫)

未読

2016年
371頁




目次(収録作品)

守られている  大崎善生
そうではあるけれど、上を向いて  中平邦彦
将棋が弱くなるクスリ  東公平
神童 天才 凡人  沢木耕太郎
京須先生の死  山田道美
忘れ得ぬひと、思い出のひと  芹澤博文
愛弟子・芹澤博文の死  高柳敏夫
詰パラとの出会い  若島正
九段  坂口安吾
棋士と寿命と大山さん  内藤國雄
男の花道  色川武大
不世出の大名人  河口俊彦
わが友、森信雄  大崎善生
待ったが許されるならば……  畠山鎮
牛丼屋にて  団鬼六
超強豪の昨日今日明日  炬口勝弘
『棋を楽しみて老いるを知らず』より  二上達也
完璧で必然的な逆転劇  島朗
漂えど沈まず  先崎学
4二角  小林宏
床屋で肩こりについて考える  村上春樹
竜王戦  森内俊之
常識  小林秀雄
ボナンザ戦を受けた理由  渡辺明
退会の日  天野貴元
「将棋世界」編集部日記  大崎善生

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする