本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『名曲三〇〇選―吉田秀和コレクション』(ちくま文庫)

『名曲三〇〇選―吉田秀和コレクション』吉田秀和(ちくま文庫)

未読

2009年
357頁




目次(収録作品)

グレゴリウス聖歌
セクエンティアとトロープス
オルガヌムとモテット
トルバドゥール、トルヴェール、その他
アルス・ノーヴァとポリフォニー
ネーデルランド楽派からイタリア・ルネサンスへ
イタリアとフランスのバロック
バッハとヘンデル
グルック、ハイドン、モーツァルト
ベートーヴェン
ロマン派の天才たち
ドイツの後期ロマン派
ロマン的民族主義
ドビュッシーとその周辺
二十世紀の音楽

グレゴリウス聖歌やルネサンスの音楽から、ブーレーズ、シュトックハウゼンらの現代音楽まで―音楽史の流れをたどりながら、きくものに忘れがたい感動をあたえる傑作300曲を選び、著者ならではの文化や芸術への深い洞察に満ちた解説を加える。音楽の限りない魅力と喜びにあふれる「名曲の歴史」。

出典:筑摩書房 公式サイト

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする