本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『世界の指揮者―吉田秀和コレクション』(ちくま文庫)

『世界の指揮者―吉田秀和コレクション』吉田秀和(ちくま文庫)

未読

2008年
554頁




目次(収録作品)

1 世界の指揮者(ヴァルター/セル/ライナー ほか)
2 指揮者の風景(フルトヴェングラーの思い出/ヴァルターのマーラー/カラヤンの死 ほか)
3 指揮者とディスク(シューリヒト(ブラームス/交響曲第三番)/アンセルメ(ファリャ/『三角帽子』)/ギュンター・ヴァント(ブラームス/交響曲第一番ー三番) ほか)

フルトヴェングラー、ヴァルター、ムラヴィンスキー、カラヤン、アバド…演奏史上に輝く名指揮者28人に光をあて、その音楽の特質と尽きせぬ魅力を描いた名著『世界の指揮者』に、指揮者をめぐるエセーの章「指揮者の風景」、さらにリヒターのバッハ『マタイ受難曲』やクライバーのブラームスなどCDの名盤を語る「指揮者とディスク」の二章を新たに増補しておくる、指揮者論の最高峰。

出典:筑摩書房 公式サイト

[関連]
『世界の指揮者』吉田秀和(1982・新潮文庫)

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする