本サイト「なにを読むべきか.com」(https://naniyomu.com/)は、新サイト「新・なにを読むべきか.com」(https://naniwoyomu.com/)に移行を予定してます。 よって、本サイトの更新は停止します。新サイトを更新して行きますのでよろしくお願いします。 なお、手動で移行するので相当長い期間かかると思います。

『柳田国男 山人論集成』(角川ソフィア文庫)

『柳田国男 山人論集成』柳田国男(柳田國男)、大塚英志編(角川ソフィア文庫)柳田国男コレクション

未読

2013年
444頁




目次(収録作品)

序 孤児の感傷―原初の山人論
第1章 「天狗」から先住民へ―山人論の成立
第2章 山人論の変奏と展開
第3章 山人と狼に育てられた子供―柳田・南方山人論争
第4章 アサヒグラフ版「山の人生」
第5章 隘勇線の彼方―越境する柳田国男
終章 「山」の消滅

日本の先住民族の末裔で、山姥や天狗のような姿をもつと考えられた「山人」。彼らは一体何者なのか―。柳田が記した膨大な「山人論」の成立・展開・消滅の過程がわかるよう、その著作や論文を編者独自に再構成。「山人論」の変容と柳田の学問や文学の核心に迫る。

amazon商品説明より

スポンサーリンク
   

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする